<< 水面ゆらゆら | main | 髪化粧 必見! >>
2011.08.25 Thursday

花火にいくなら・・

0
     今週の土曜日、8月27日は隅田川花火大会。
    東日本大震災の被災者への慰霊といち早い復興を願って、例年より遅れての開催のようです。

    下町育ちの私にとっては思い入れのある行事。
    今年は特別なので、実施されて良かったなと思います。

    浴衣を着て見に行く方、きっと多いですよね。

    下駄を履くなら、忘れてはならないペディキュア。
    浴衣に合わせてこんなアレンジはいかがですか?

    浴衣ペディキュア

    今年は2色を交互に塗るパターンが、手足とも流行っているようで。
    どうせなら、リ・ボーン流にワンランクアップ★

    親指にラインストーンを施して、より大人っぽく。
    みかん系のオレンジと、ピンク寄りの赤のカラーを使い、ポイントはラインストーンの色。

    オレンジの上に赤のストーンを置くことで、全体に統一感がでます。
    また、まっすぐでなく、ジグザグにおくことで華やかで個性的に。

    素足で下駄を履くときは、とにかく足のケア=ペディキュアは必須です!!

    お手入れの行き届いた素足なら、ベースコートとトップコートだけでも十分。

    でもせっかくですから、こんな風にカラーで楽しむのも素敵。
    色をアクセントにするなら、鼻緒はシンプルなもののほうがお洒落です。

    夏の花火大会のある時は、薬局でばんそうこうや湿布が売れるそう。
    鼻緒ずれや、慣れない下駄で足を痛めてしまう人が多いからと聞きます。

    自分の足に合わせてきちんとすげられていれば、トラブルは起きないはず。

    そのためも、いきつけの草履屋さんを見つけておきましょう。

    私がおススメする、とっても親切で信頼できる草履屋は、浅草にある「楽艸(らくそう)」。
    浅草らしい職人センスが魅力的です。
    アトリエも素敵だし、店主の高橋さんのお人柄も含め、思わず紹介したくなる老舗の草履屋です。

    楽艸HPはこちら
    http://www.rakusou.co.jp/

    きれいな足もとに涼やかな浴衣。
    美しい姿で、幻想的な風情の花火。
    なんだかイイことが起こりそうですね(笑)

    〈使用色〉
    ESSIE 759 TOO TOO HOT
    TINS 611










    コメント
    コメントする








     
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << March 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM